CQI-9オンサイトセミナー
AIAG:CQI-9(熱処理システム評価 HTSA)第3版に対応したオンサイトセミナーを実施しています。
米国BIG3は、熱処理工程を行っている、またはアウトソースしている組織に対し、少なくとも1年に1回、CQI-9に基づいた自己評価を実施することを要求しています。
また、同様な要求をしている第1次供給者も複数存在しています。
CQI-9の要求事項は、業種や製品にかかわらず、熱処理作業を実施するすべての組織に適用されます。

CQI-9の評価は、次の4つのセクションで構成されています。
・セクション1:経営管理者の責任及び品質計画
・セクション2:現場及び材料取扱いに対する責任
・セクション3:設備
・セクション4:ジョブ・オーディット
セクション1〜3は、熱処理に関わる品質マネジメントシステムに対する要求事項となり、セクション4は熱処理工程に対する要求事項となります。
さらに熱処理工程を8種の工程表に分類し、該当する工程表に基づいた評価も行います。

本セミナーでは、これら要求事項および自己評価のためのチェックシートの記入方法を解説いたします。また、Ford固有のCQI-9要求事項への対応も可能です。
開催要項の詳細など、どうぞお気軽にお問い合わせください。


© 2003-2021 Trisuc Corporation. All Rights Reserved.